果たしてブラックキャッシングは金利は高めなのか

NISdde471_TP_V

賃金業者は、とても多彩なものです。中にはちょっと特殊な会社もあって、その1つがブラックキャッシングなのですね。 そのタイプの会社には、借りやすさに関する特長があります。過去に事故を起こした方々などでも、その会社から借りれる事例は非常に多いのですね。

他の賃金業者とはまた違う基準で審査をしているので、比較的高い確率で借りれる傾向があります。 ところで、そのような話を聞くと、手数料が気になる方々もたまにいらっしゃいます。借りる時の難易度が低いので、その分手数料が高いのではないかと心配な方も見られるのですね。

結論から申し上げれば、それは金融会社次第と言えるでしょう。しっかりしている会社であれば、妥当な手数料になっているケースはほとんどです。 例えばある老舗の賃金業者なのですが、現時点では手数料が20%前後になっています。その手数料は、実は法律の範囲内なのですね。

現在の法律では最高手数料を20%以内にしなければならないので、ルール上は何も問題無いのです。 また別のブラックキャッシングの会社の場合、18%前後になります。一見すると高いように聞こえるかもしれませんが、実はそれは平均的なのですね。大手の賃金業者と比較しても、18%という数字はごく平均的なレベルになります。

つまりブラックキャッシングは、手数料が妥当な水準になっている事も、極めて多いのですね。たいていそれは賃金業者のホームページに明示されているので、ちょっと確認をしてみると良いでしょう。 ただし、中には問題がある会社もあります。たまに、迷惑メールが届く事があるでしょう。そのような会社の中には、ちょっと営業形態に問題がある所も見られます。

18%どころか、100%や300%等の数字になっている会社もたまに有るようですね。ですので迷惑メールでアピールしている会社などは、ちょっと気をつけた方が良いかもしれません。 結局は、ホームページなどを見て、信頼できる所から借りるのが一番ですね。